子育て

お知らせ

    助産院での出産のメリットとデメリット。第2子は助産院で出産。

    スポンサードリンク

    助産院での出産のメリットとデメリット。第2子は助産院で出産。

    第2子妊娠、出産のふりかえりです。
    つわりはこちらの記事に。

    妊娠がわかったら次はどこで出産をするか?
    第1子はクリニックで出産をしました。
    クリニックのHPにはコロナ禍のため
    妊婦健診、出産も立ち会いはできない。
    前回の出産はけいたくんに立ち会ってもらい
    何とかあの痛みを乗り越えました。
    あの痛みをひとりで乗り越えるの無理・・・。

    そんな時に見つけたのが
    吉川ひなのちゃんが自宅出産する動画を発見し
    これだ!と思って、検索したら自宅出産が
    できる助産院を見つけることができました。

    1度は助産院で出産してみたいと思っていたので
    けいたくんに早速相談をしました。

    「今回は助産院で出産したい!
    家族みんなで赤ちゃん迎えたい!
    自宅で出産する選択肢もあるよ。」

    自宅出産も提案をしてみたけれど、
    自宅はちょっと・・・と断られましたw

    産後の私のケア、新生児のケア、家事、育児
    1人でやるのは、そりゃ大変だよね。

    こうして第2子の出産は
    助産院でと決まりました。

    スポンサードリンク

    助産院での出産

    市販の妊娠検査薬で陽性を確認した時点で
    出産したいと思った助産院に電話をしました。

    まずは見学に来るように話がありました。
    見学の際は私は2人目の出産のため
    1人目の母子手帳を持ってくるようにと。

    家族3人で助産院へ見学へ行きました。
    助産師さんが出迎えてくれて、
    どうして助産院で出産しようと思ったか?
    住まいは通える範囲なのか?
    前回の出産について話したりしました。

    人生で1度は助産院で産んでみたかったこと。
    コロナ禍でも家族の立ち会いができること。

    前回の出産を母子手帳を確認しながら
    助産師さんが気になったのは、
    出産後の出血が多かったこと
    そして新生児黄疸になったことでした。

    それ以外は特に体も問題なく、
    助産院での出産ができそう!となりました。
    (過去の妊娠で妊娠中毒症歴がある
     高齢での初産、逆子になった場合などは
     今回の助産院では出産できませんでした。)

    助産院はきれいな一軒家で、助産師さんたちも
    お母さんみたいな抱擁力で、
    私たち夫婦はすぐに好きになりました。

    助産院には医師はいないので、
    提携の医療機関(産婦人科)にも通います。

    その医療機関が胎内記憶研究者の
    池川明先生のクリニックだったのです。
    胎内記憶の本を読んでいた私としては興奮!!

    まず私は妊娠判定を受けるため、
    後日、産婦人科に行くことになりました。

    こうして2回目の妊婦生活が始まりました。

    メリットとデメリット

    私が感じた助産院での出産の
    メリットとデメリット

    メリットは助産師さんとの関係性ができたこと。
    妊婦健診は毎度実家に帰る様な暖かい気分で
    助産師さんたちと一緒に喜び、そして悩み
    そんな時間を経て出産へのドキドキ、不安も
    聞いてもらって寄り添ってもらいました。
    取り乱すことも多い出産も、安心して挑めました。

    デメリットは医師がいないこと
    お産は命懸けでリスクは伴うもの。
    大出血などは救急で搬送となります。
    (もちろん、非常時の対応はマニュアルで決まっていると説明がありました。)

    私が1番つらかったのは後陣痛
    (子宮収縮の痛み)の
    痛み止めの薬がもらえなかったこと。

    お産直後からお腹少し痛くて・・・。
    「痛み止めの薬持ってる?」と聞かれて
    医師いないから処方する人いないじゃん!?
    (↑頭が薬剤師モードにw)
    薬、出してもらえないの?(泣)
    陣痛よりも地味に痛いのが、後陣痛。

    翌日自宅から、薬は持ってきてもらいました。

    実際は電気湯たんぽが入院部屋にあったので
    痛い時はその湯たんぽをお腹に当てていました。
    温めると痛みは改善しました。
    授乳が始まると痛みはさらに強くなり
    電気湯たんぽとお友達状態で過ごしていました。

    まとめ

    助産院で産むという決断をして、
    自分のやりたいお産ができました。

    もちろん、ものすごく痛かったけど
    出産さえ楽しかったです。
    入院生活は赤ちゃんとずっと一緒にいて
    お産した畳の部屋に退院までのんびり過ごせました。

    もしまた妊娠するチャンスがあれば、
    助産院で出産してみたいなと思える出産でした。

    読んでくれてありがとうございました。

    The following two tabs change content below.
    Avatar photo

    福本 愛

    薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。 自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。 2017年8月に男の子を出産。 好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。 女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。 大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん 2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。

    スポンサードリンク

    福本 愛
    薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。
    自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。
    2017年8月に男の子を出産。
    好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。
    女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。
    大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん
    2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。