3309389

思ったこと

「ただいま」と「おかえり」の間

スポンサードリンク

「ただいま」と「おかえり」の間

あいちゃんとそうたは日帰りでおでかけ。

バス停まで迎えに行くことは前日に決めてあった。

バスに乗り、到着予定時間を教えてもらったので、バス停までの時間を逆算しながら家を出る。

外は北風がビュービュー吹いていて寒く、風にあおられた砂が顔や体に容赦なく当たる。

それがまた痛い。

上着のポケットに手を入れ、首はマフラーでグルグル巻きにしていても寒い。

道が混んで遅延しているらしい。

先にバス停に着いて、寒空の下、一人待つ。

あまりにも寒いので自販機で缶コーヒーを買う。

缶コーヒーをポケットに入れて暖をとりながら、ふと思う。

外は寒いのに、内側は温かい気がする。

ポカポカというより、じんわり温かい。

この温かさは何か?

考えているうちに時間は過ぎて、二人の乗ったバスが到着し、二人の顔を見たらうれしい気持ちになった。

バスから降りてきて言葉を交わす。

「ただいま」「おかえり」

The following two tabs change content below.
福本 佳大

福本 佳大

「勇気に咲く花」というコンセプトで結婚式を挙げ、もっと家族との時間を過ごしたい違和感から公務員を退職。2017年8月息子が誕生。夫婦で仕事・子育てに奮闘中。夫婦でブログ書いてます。

スポンサードリンク