3309389

ブックレビュー

むだ死にしない技術 堀江貴文 予防医療普及協会を読みました。健康は人生の第一条件。

むだ死にしない技術 堀江貴文 予防医療普及協会を読みました。健康は人生の第一条件。

治療より予防にお金を使えば不老不死も夢じゃない!

この言葉に惹かれて、この本を手に取りました。

仕事上、病気になった方々と会って、サポートする事をしてきました。

そこにある人間ドラマに触れられるのがとっても楽しかったし、学びがありました。

ただそこには強固な思い込みがあったり、病気になる前にできる事って何かあるのでは。

働きながらそんな疑問が湧いてきました。

もっと病気になる前にできる事があるはず。と思って手に取りました。

スポンサードリンク

健康を自分事にする

「健康は人生の目的ではなく、第一条件だ。」

本の「はじめに」に書かれていた一節。

健康でないとやりたいことができない。

自分で選択ができなくなる。

自分で自分の可能性を狭める事になる。

病気になる前に自分に正しい投資をすれば病気になる事を防げる。

そして健康でいる時間をできる限り増やす事ができる。

この本では防げるガンや、健診を受ける大切さ

いかにQOL(クオリティオブライフ、生活の質)を高いまま年を取っていくか。

最新の技術で防げる病気、予防医療について書いてあります。

アメリカはガン検診を受けると、保険料が安くなるのを制度を保険会社が取り入れたことで

健診率が上がり、発病率が抑えられたという結果もあるそう。

日本はみんな保険に入っている、医療をお手軽に受けられるという事から症状が出てから病院へ行くという現状。

もっと健康を自分事にとらえて行動していく必要性を訴えている。

医療費の高騰が問題によく上がるけれど、その前にできる事はたくさんある。

それに気が付かせてくれる本です。

忙しいは言い訳にならない。

多忙を言い訳にして健診を受けないのはバカ

忙しいからと健診を先送りにしてしまう事ってよくありますよね?

私自身は勤めていたのが医療施設だったので、健診を当たり前のように受ける事ができていました。

でも、これからは自分で判断していく事。

今世でもらった体、器をできるだけ丁寧に優しく使っていきたいなと思います。

きっと美容院に行く感覚で、健診に行く、歯医者にも、そんな感覚で行こう。

お金が、時間がを言い訳にしない、健康を自分事にしていく人が一人でも多く増えると良いな。

医療の事って横文字ばかりでわかりにくい。

でもこの本は、医療者でないホリエモンが書いているからこそ

とってもわかりやすく解説されてるのでおすすめです。

今日も読んでくれてありがとうございました。

参考図書

むだ死にしない技術
むだ死にしない技術

posted with amazlet at 16.11.02
堀江貴文 予防医療普及協会
マガジンハウス
売り上げランキング: 239
The following two tabs change content below.
福本 愛

福本 愛

薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。 自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。 2017年8月に男の子を出産。 好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。 女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。 大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん 2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。

スポンサードリンク