3309389

ブックレビュー

「吉田松陰の言葉に学び 本気の生き様」 蓬台 浩明さん著を読みました。

スポンサードリンク

「吉田松陰の言葉に学び 本気の生き様」 蓬台 浩明さん著を読みました。

スポンサードリンク

どうして読もうと思ったか。

先日、「人間力の磨き方」を読んだ時、同じ著者池田貴将さんの書いた

「覚悟の磨き方、超訳 吉田松陰」で私は吉田松陰を知りました。

もう一冊うちの本棚に、吉田松陰の本があるなぁと思って開いてみました。

吉田松陰が書いた文書をそのまま掲載されています。

現代語訳、著者がどう感じて生きているか、会社で生かしているかなど写真付きで載っています。

この本の特徴は1つの言葉に対して1ワークついています。

武士道精神

武士道精神を今のビジネスパーソンにも生かせるように、吉田松陰の原文、そして現代語訳、著者がどのように会社作りに生かしているか

また自分自身の人生に活かしているかなどかが書かれています。

1つのキーワードごとに、1つのワークがついています。

ありのままの自分で仕事をする。

「人と付き合う時にはありのままの自分、つまり自然体の自分であることが大切。」

嬉しい時には喜びを、悲しい時には悲しみを全力で表現できる仕事をしよう。

子供はありのまま生活をしています

大人になるにつれて、自分を抑える事も増えてきます。

大人もいかに子供の様に仕事をするか。

お客さん、そして一緒に働く仲間に寄り添い、自分を変化させていくこと。

自然体で、仕事、生活をする。

いかに時間を使うか

「花は今が盛りとなれば、あとは散ってしまうばかり。太陽は日中を過ぎればあとは陰っていきます。

人も壮年を過ぎれはあとは、老いていきます。人生というのはのんびりしている暇などないほど短いのです。」

時間は有限である。その中で自分はどんな選択をしていくか。

ここで大事になっていくのが志。自分が一番大切にしたいこと。

志に沿って一貫性のある選択をしていく。

志に沿っていない場合はやらないという選択をしてもいい。

習慣が自分を作る。

1日1つ善い行いをしようという姿勢が自分自身を作っていく。

習慣が自分を作るというのは、確かに歯磨きだったり、毎日のお風呂だったり、毎日の挨拶だったり。

全てが私をつくっているんだ。

私の志。

在り方について最近考えているけれど、きっと志しも同じこと。

(仮)で突き詰めておこう。

きっとまた来年の私は違う事を考えているかもしれないし。

柔軟に。柔軟に。でも、今、ここでぶれない様にしていけばいいと思う。

実践していくこと

私が自然体でいられる志を見つけよう。

○○でなければ、キラキラしていなければと考えがちだけれど、そうでなくて自然体の志を見つける。

そして行動の前にまず、呼吸、瞑想、一度自分をふりかえる。

読んでくれてありがとうございました。

関連情報

The following two tabs change content below.
福本 愛

福本 愛

薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。 自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。 2017年8月に男の子を出産。 好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。 女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。 大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん 2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。

スポンサードリンク