まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本 心屋仁之助 著を読んでみた!

2 min 32 views

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサードリンク

福本 佳大

福本 佳大

妻と息子の3人家族。
家族との時間を大切にしながら、「苦手なことは得意な方がやる」スタイルで妻と何でも協力。
妻、息子、ハワイ、ランニングが好き。

心屋仁之助さんの『まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本』を読んでみました。

コミュニケーションが苦手です。

知ってるー。と声が聞こえてきそうですが…。

過去にもコミュニケーションがなってないと言われて悔しい思いもしました。

コミュニケーションがうまくなるためには?どうしたらいいか。

さっそくご紹介します。

うまくいかない原因

本にも最初に書かれています。

自分の近くに嫌いな人や苦手な人など「問題があると思う人」がいる場合、実は、自分の中に「問題の種」があるのです。

なんで?

認めたくない。

私は悪くない。

など聞こえてきそうです。

僕もそう思ってました。

でも、考えてみると同じ出来事でも、問題と思う人と思わない人がいませんか?

自分も反応してる時としてない時ありませんか?

自分の問題の種に触れているから反応してしまうのですね。

なぜ、反応するのか?

なぜ、反応するのか?

それは自分のルールがあるからです。

例えば、時間は守らなければいけない。または、時間は守るべきだ。と思っているとしましょう。

待ち合わせをしていて相手が遅れてきたとき、なんで遅れてくるんだとイラッとします。

また、遅れてきて待たされて大切にされていないと感じるのです。

「やらねばいけない」「するべき」は怖れからきています。

何を怖れているかというと、人から嫌われる・見捨てられるです。

どうせ→やっぱりループから抜け出そう

上記の例でいくと、「どうせ自分は大切にされない」と思っていると、相手が遅れてくる(大切にされないと思えること)ことを見て、「やっぱり自分は大切にされない」と思うのです。

これがどうせ→やっぱりループ。

これは今に始まったことではありません。

過去の経験を経て、無意識に自分が思ってしまっていることです。

このどうせ→やっぱりループを抜け出すためには、過去を振り返る必要があります。

思い込みに気づく

過去を振り返る必要がある。

自分のルールはいつ作られたのでしょうか?

社会人になってから?学生時代?幼少期?

実は僕もこの例のことは思ってました。

僕は幼少期に親にぐずぐずしない!早くしなさい!と言われてました。

だから、早くしないと親に嫌われてしまうと無意識に、そして勝手に思ってしまったのです。

これが思い込みです。

つい最近まで嫌われると思っていましたが、自分が思い込んでいるだけだと気づくことができました。

してもいいと許可を出そう

これは僕も今実験中ですが、今まで自分でダメとしてきたルールを「してもいい」にして許可を出すようにしています。

やってみて嫌われないとか、見捨てられないこと体験するためです。

怖いですよね。

わかります。

今まで我慢してきましたからね。

僕が許可を出したことのひとつは、例で出した時間を守らなくてもいいです。

自分が遅れた時は素直に謝り、相手が遅れた時はイライラせず、空いた時間に何をしよう?と考えることができるようになりました。

仕事を辞めることができたのも、辞めてもいいと自分に許可が出せたからでした。

「大丈夫」という世界を体験して、もっと自由になろうと思います。

まとめ

原因は自分。

自分の思い込みに気づいて、禁止していたルールをしてもいいに変えてみる。

訓練中だけど、前に比べれば楽になりました。

まだ出てくる思い込みもあるけれど、あーまた出てきたーと対応できるようになってきました。

僕と同じようなコミュニケーションが苦手な方にぜひ、読んでいただきたい一冊です。

おすすめです!

関連情報

The following two tabs change content below.

福本 佳大

妻と息子の3人家族。 家族との時間を大切にしながら、「苦手なことは得意な方がやる」スタイルで妻と何でも協力。 妻、息子、ハワイ、ランニングが好き。
カレンダー
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
福本 佳大

福本 佳大

妻と息子の3人家族。
家族との時間を大切にしながら、「苦手なことは得意な方がやる」スタイルで妻と何でも協力。
妻、息子、ハワイ、ランニングが好き。

カテゴリー:
関連記事