失敗して気づいた自分の思い込みとビリーフリセットを学んできた効果!

1 min 31 views

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサードリンク

福本 佳大

福本 佳大

妻と息子の3人家族。
家族との時間を大切にしながら、「苦手なことは得意な方がやる」スタイルで妻と何でも協力。
妻、息子、ハワイ、ランニングが好き。

先日、人生で初めて車で事故を起こしてしまいました。

物損事故です。

落ち込みました…。

その時の様子をあいちゃんが書いています。

なぜ、落ち込んだか?

  • この時は、あいちゃんを迎えに行くところだったので、迎えの時間に間に合わなくて待たせてしまう。
  • 塀を壊してしまって、謝りに行って何て言われるだろう(怒られるだろう)。
  • 両親に報告して何て言われるだろう(怒られるだろう)。

と、勝手に起こってもいない未来を想像していました。

原因は?

中でも一番嫌だったのは、両親に何て言われるかでした。

両親に怒られると自分で思い込んでしまっているから、両親への報告に気が重かったです。

なぜ、怒られると思い込んでしまっているかというと、幼いころに怒られその時の怖さを覚えているからです。

僕は怒られた印象が本当に強かったです。

いつも怒鳴られ、口より先に手が出てくるという印象で、とにかく怖く、いつも怒られないように顔色を伺いながら行動したり、怒られないために何もしなかったりしていました。

これで僕は両親=怖いと勝手に思ってしまっていたのです。

まとめ

話すまではどうしようと怖れていました。

過去に経験した感覚を思い出しているから、また怒られてしまうと思い込んでいた。

でも、以前と違ったのはたとえ怒られても、

  • 僕の価値は変わらない
  • 周りに愛されている

と思えていたので、話をするのは気が重かったけれど、話をすることができ、壊したものは直そうと話がまとまりました。

また一つ「大丈夫」を積み重ねることができました。

自分の中に「怖れ」ているものってありませんか?

ミスをしたら嫌われてしまう・・・

ちゃんとしないといけない・・・

そして、できなかったら自分を責めてしまう。

できない自分はダメな人間だ。

自分は無力な人間だ。

でも、それは本当でしょうか?

勝手に自分で思い込んでしまっているのです。

自分の価値は変わりません。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

The following two tabs change content below.

福本 佳大

妻と息子の3人家族。 家族との時間を大切にしながら、「苦手なことは得意な方がやる」スタイルで妻と何でも協力。 妻、息子、ハワイ、ランニングが好き。
カレンダー
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
福本 佳大

福本 佳大

妻と息子の3人家族。
家族との時間を大切にしながら、「苦手なことは得意な方がやる」スタイルで妻と何でも協力。
妻、息子、ハワイ、ランニングが好き。

関連記事