3309389

私たちについて

私が本を読む理由 悩みを解決してくれるパートナーにする。

スポンサードリンク

私が本を読む理由 悩みを解決してくれるパートナーにする。

私が本を読む理由について書きたいと思います。

私がけいたくんに出会ったきっかけも本を通じてでした。

2人の共通の趣味、もうライフワークに近い気がします。

常に部屋には本があるし、図書館にもずっと通っています。

1年あたりの書籍代を計算するのはちょっと恐ろしいけど・・・。

スポンサードリンク

私が読書をするようになったきっかけ

学生時代、本は大嫌いでした。国語も苦手科目でしかなかった。

でも、18歳の時。

私は覚えている限り中学生の頃から、「何で生きているんだろう。」そんな疑問を持っていました。

高校3年生になり、進路も決まり、部活も引退し、アルバイト三昧。

そんな楽しい時期のはずなのに、「私に生きている意味なんてあるのかな?」そんな疑問を抱いてました。

恋もできなかったし、熱中するものを見失った私のこの疑問は、どんどん膨らむばかり。

もう死んでも誰も悲しまないんじゃないかな。とかそんな風に思ってました。

友達にも親にも言えなくて。

一度、友達に聞いてみると「え?大丈夫?どうしたの?」と異常なんじゃないか?

そんな風に感じる解答経てから、私の心の中でもう膨らむばかり・・・。

そんな質問を抱きながら、私が本屋さんに立ち寄った時に出会いを果たします。

この本、今の私の疑問に答えてくれてる。と手に取ったの覚えてます。

魂の話、輪廻転生の話が主でした。

当時の私はこの本に救われたのです。

私、この世に勉強しにきたのね。くらいに思えて、心が楽になったのを覚えています。

今思い出してもよく、手にとったな、私と思います。

この本から私の読書歴史が始まりました。

私のパートナーの本

本を読み始めてから素敵な出会いがたくさんありました。

その中の1冊。坂之上洋子さんの結婚のずっと前にという本です。


独身時代、結婚するまで、そして結婚してからも、この本はずっと寄り添ってくれてます。

私は独身時代、落ち込むとこの本をよく開いて支えてもらいました。

著者の洋子さんは何度かお会いしたのですが、凛として自立した女性。

だけど、しっかり女子の弱い部分も受け入れてくれて、大丈夫だからね。と本を通じて寄り添ってくれます。

だいじょうぶ だいじょうぶ

ちゃんと幸せになれる絶対に幸せになれる

だいじょうぶだよ

私はこの言葉が大好きで、独身時代よく見ていました。

心が落ち込んだとき、恋愛に悩んだとき、生き方に悩んだとき。

自分にバイブル的な1冊があると安心ですよね。

私にとっては、この本がバイブルになっています。

実は洋子さんに、私結婚したいのですが、彼氏ができなくて・・・。と相談したら

趣味が合う人が集まるところに行きなさい。そんな風にアドバイスを受け、

私は読書が好きだったので、読書会にフラッと参加したのでした。

まとめ

脳は疑問をもったら、その答えを探そうとする。

悩み、疑問をもつと、本を読むということも選択肢に追加されました。

それで私の世界はだいぶ広がりました。

そうやって本を使ってみるのも、とってもおすすめです。

読んでくれてありがとうございました。

The following two tabs change content below.
福本 愛

福本 愛

薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。 自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。 2017年8月に男の子を出産。 好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。 女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。 大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん 2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。

スポンサードリンク

福本 愛
薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。
自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。
2017年8月に男の子を出産。
好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。
女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。
大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん
2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。