3309389

私たちについて

私たち家族の今までをふりかえる。人生のコンセプトの決定編

スポンサードリンク

私たち家族の今までをふりかえる。人生のコンセプトの決定編

2014年に出会い、2015年に結婚、2016年に夫婦で仕事を辞めて、2017年に第1児を出産。

そんな私たちの今までをふりかえっています。

こちらのブログの続きです。

スポンサードリンク

コンセプト

前回のブログに書いた、クレイジーウェディングで結婚式を挙げたい!と思った1番の理由。

プロデューサーがついてくれて、2人のオリジナルコンセプトを紡いでもらえることでした。

コンセプトとは調べると基礎となる考え方、はじめから終わりまでの一貫とした考え方と出てきます。

山川咲さんの本に結婚式のコンセプトが、その後の2人の人生のコンセプトになる。と書いてありました。

生き方に迷ってた、私にとってはぜひ、紡いで欲しい!とい思ったのです。

退職後(2016年)に、結婚式をふりかえったブログ。

真ん中のかわいい女の子が私たちのプロデューサーさん。

コンセプトを決めるのに、プロデューサーから2時間ほどヒアリングを受けます。

生い立ち、出会い。そして、これから。

私たちはこのままでは嫌だ。

もっと自分らしく生きたい。

でも、それがわからない。どうしよう。

そんな話をしていました。

そんな私たちのコンセプトは

勇気に咲く花

詳しいコンセプトの成り立ちはこちら。

結婚式までにチャレンジをすることで、自分たちに自信をつける。

そして、それが誰かの勇気になったらという意味でコンセプトがつけられました。

そしてコンセプトをそのまま、人生を表現する夫婦ブログのタイトルにすることにしました。

先述のブログに書いた、山川咲さんの著書に式の事例が何件か載っています。

新郎新婦、結婚式を通じて仕事を辞める、転職する、起業するなど、人生の転機を迎える方が多い。

出会った当時、けいたくんは「公務員はいつか辞める。そのために貯金をある程度してから、辞める。」と言っていました。

なので、準備を始めた頃は結婚式を終えた直後に夫婦で辞めるとは思ってもいませんでした。

まとめ

このコンセプトを私たちは人生のコンセプトにしよう!と意気込んだのですが、押しつぶされそうになる事も正直ありました。

結婚式後の生活、無職になり、このコンセプトを体現できるほどの勇気が自分たちにはない。

むしろどうしていいかわからない。

ブログも更新できなくなる事もたくさんあり、身動きが取れなくなる事もありました。

でも、3年経った今、やっぱりこのコンセプトで、良かったと思っています。

最近、そう思えるようになったんだけど。

この3年間の私たちは勇気をつみかさね、ここまで来ました。

これからの私たち、まだまだ挑戦は続きます。

その姿を見て、私もやってみよう!と思ってくれる人がいたり、勇気づけられたと言ってくれる人がいるはず。

それは私にとって快感でしかない。

だから今日もブログを書いて行きます。

今日も読んでくれてありがとうございました。

The following two tabs change content below.
福本 愛

福本 愛

薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。 自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。 2017年8月に男の子を出産。 好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。 女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。 大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん 2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。

スポンサードリンク

福本 愛
薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。
自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。
2017年8月に男の子を出産。
好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。
女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。
大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん
2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。