お金

親にお金ちょうだい!って言ってみた。親に頼ってはいけないという思い込み、剥がれ始める!!

親にお金ちょうだい!って言ってみた。親に頼ってはいけないという思い込み、剥がれ始める!!

今後引っ越しを検討している私達に父から、「何か手伝えることはないか?」と聞かれたので

「お金ちょうだい!」と言ってみた。結果は「知るか。」だけだったんですけどね。

「お金ちょうだい!」なんてストレートに言ったの何年ぶりだろうか。

「お友達とでかけるからお金が欲しい」というと母は良い顔しないし。家全体がお金がないが口癖だったし。

高校生になって進路が決まったら私はすぐにバイトを始めた。自分の事は自分でやらなくてはいけないと思っていた。

薬学部に行くのだから、お金がかかるし、親に迷惑をかけてはいけないと思っていた。

だから奨学金も借りたし、卒業したてから借金を背負う事になった。

就職したら自立するのが当たり前、恩返ししていくのが当たり前だと思っていたから

実家にいる時はお金を入れて、1人暮らしを始めてからは全部自分のお金でやってきた。

結婚式資金も頼らなかった。(一度借りるというサポートはいただきました。)

それが当たり前だと思ってたし、疑わなかった。

働いても働いてもお金がないという、私のお金の印象は全然変わらなかった。

でも、親にお金をもらうという事自体ができるわけないし、プライドが邪魔して言えなかった。

しっかりしなくちゃいけないって思っていたから。

スポンサードリンク

お金について勉強する

お金について勉強をすると、今までの私の現実は覆された。

お金についての価値観は子供のころの価値観で出来上がっている事

お金はあるという事

お金って誰のものでもないという事

お金は働いて苦労して得るものという考えさえも、考え方の一つでしかなくて、

楽しくお金を稼いでいる人なんて今たくさんいる。

本を読めば学べるし、SNSで豊かな人のブログも読むこともできるし。

けいたくんと共有して、自分達のお金の価値感をどんどん変えていった。

実家に帰ると引き戻されるけど、知らないって恐ろしい事なんだなと体感する。

私は生まれただけで親孝行

私は大丈夫だし、親には愛されているし。

何も恩返ししなくても、生まれてきただけで両親にプレゼントできているものがあると思う。

だからもう自分の人生を歩むし、自分でお金を払えなくてもいいんじゃないか。って思えてきた。

自分で勝手にいけない!って思っていたけど、親に頼るのもありなのでは?って思える様になってきた。

言えないのはなぜか?

親に頼ってはいけないという思い込み。

親に頼るなんて情けなくない?しっかりしたら?みたいな人からの目線、プライドだったりするのかな。

だからって親に依存していい!と声高々にいうわけではないけれど、

自分がつらかったら人に頼ってもいい!という事を伝えたい。

きっと今回お金が入ってこなかったのは、まだまだだよー。今増やしているよー。って合図かな。

いつでも受け取る準備しておこう。

今日も読んでくれてありがとうございました。

The following two tabs change content below.
福本 愛

福本 愛

薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。 自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。 2017年8月に男の子を出産。 好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。 女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。 大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん 2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。

スポンサードリンク