家族

バースデーパーティーから感じた幸せの連鎖!

バースデーパーティーから感じた幸せの連鎖!

先日、父親とあいちゃんの合同バースデーパーティーをしました。

父親には内緒で姪っ子や甥っ子も呼んで。

ただみんなでワイワイと食事をするだけだけど、家族にとっては意味のあるもの。

去年に続き、2年連続で開催することができた。

▼去年の写真

2017誕生日会①

2017誕生日会②

今年は自宅でしたけど、父親やあいちゃんのうれしそうな顔が見れて、みんなも笑顔になった。

▼今年の写真

2018誕生日会①

2018誕生日会②

今回は父親にサプライズで、姪っ子と甥っ子にじいじへの手紙をお願いしていました。

甥っ子は恥ずかしがって手紙は書かなかったけど、ゲームセンターのUFOキャッチャーで取ったミニオンズのぬいぐるみをプレゼント。

姪っ子は自分の気持ちをびっしりと手紙に込めて書いてくれた。

それを見た父親の口から出た言葉がとても印象的でした。

「ほんと幸せだなぁ」と言ったのです。

普段そんなことを言わない父親が少し涙ぐみながら言った一言。

こちらまでうれしくなったし、家族の愛が深まってきているように実感できた。

もう幼い頃の記憶の家族ではない。

今まで誕生日をお祝いすることはあったけど、自分たちだけのお祝いで、両親の誕生日のお祝いをここまでイベント化することはなかった。

また、笑顔が溢れて食卓が明るいということもなかった家族が今は、愛し愛されている家族になっている。

これからも福本家らしい家族をつくっていこう。

お父さん、あいちゃん誕生日おめでとう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

The following two tabs change content below.
福本 佳大

福本 佳大

12年間の公務員生活を終えました。今は生きること、働くことを夫婦で実践していて、カウンセラーを目指し勉強中です。26歳の時にハワイへ一人旅し、ハワイが大好きになり、それから毎年通うほど。日本とハワイの二拠点生活を模索中です。趣味は妻。他には読書、音楽、旅行、ランニング、海、カフェ、写真などがあり、毎日の生活を自分も周りも笑顔で溢れる世界にしたいと思っています。

スポンサードリンク