3309389

子育て

【育児日記】息子1歳をむかえました。0歳児育児で私が大切にしたこと。

スポンサードリンク

【育児日記】息子1歳をむかえました。0歳児育児で私が大切にしたこと。

8月に無事、息子のそうた1歳になりました。

最近は体もがっしりしてきて、ニコニコ笑うし、ギャンギャン怒る。

ベッドで2人でイチャイチャしてると、小さい彼氏ってこう言うことかー♡と体感中。

ようやく、かわいいと心底思える余裕が出て来ました。

スポンサードリンク

0歳児育児

たくさん自分と向き合いました。

嫌な自分、小さな自分、惨めな自分を受け入れてきました。

赤ちゃんとの生活の中で、私の器の小ささを見せつけられた感じ。

まだまだ葛藤することもたくさんあるよ。

それを1つずつ、それも私、どれも私だと、受け入れていく練習でした。

私はありがたいことにサポーターがたくさんいてくれたから、助けをたくさん求めてサポートを受けました。

子育ては人を頼る練習なんだと思う。

とにかく大事にしたのは自分を大切にすること。

嫌な事はしないように、疲れたら休むように。

朝までしっかり眠れない。

そんな日々が続いた時は、心も体も余裕はありませんでした。

眠れないってだけで、こんなに追い詰められるという事を人生で初めて体験しました。

とりあえず、疲れた時は睡眠補充。

そうたが寝た時に一緒に寝たり、けいたくんにお願いして寝かせてもらっていました。

疲れたら寝る。

私は寝ることで大概の事は解決する。

それを知れたのは今後の人生で役立つ発見でした。

母乳=愛情?!

産院退院時はミルクと母乳の混合栄養でした。

でも、すぐに母乳が軌道にのり完全母乳になり、さらには哺乳瓶は拒否。

月齢によっては1時間おきに授乳をしたり、夜間も起きる度に授乳をしていました。

母乳はスキンシップとして大事だと言われてるけど、私は拘束されてる。という印象のが強くて。

精神的にきつい時期もありました。

スマホをいじってはいけない。

目を見て授乳を。

そんな情報を見て最初は実践してたけど、だめだ。苦痛だ。

最終的には母乳はスマホ時間になってました。w

だって、お母さんに落ち着いてスマホいじれる時間、他に無いもん!

そして、イライラするお母さんから、もらっても赤ちゃんはおいしくないわ!

隣でけいたくんに、抱っこされて、ニコニコしてるのを見る。それぐらいがちょうどいいくらいな事もある。

お母さんなのにと、自分を責めず、いろんな愛情があっていいよね。いろんな自分を許しました。

まとめ

お母さん達はもっと自分を大切にして良いし、人に頼って良い。

それをお母さんに教えるために、赤ちゃんたちはやって来たんだろうな。

そうたを見てるとそう思う。

育児書、Google先生。

いろいろ見たけど答えは目の前にしかないよ。

人と違うって比べなくて良い。

これから先も悩みながらでも、家族で毎日楽しんで、育児していきます!

The following two tabs change content below.
福本 愛

福本 愛

薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。 自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。 2017年8月に男の子を出産。 好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。 女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。 大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん 2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。

スポンサードリンク