子育て

【育児日記】そうたの3か月のふりかえり

【育児日記】そうたの3か月のふりかえり

暑い真夏に生まれたと思ったら、もう季節は冬。

こんな日々がいつまで続くんだろう・・・。と思っていた1か月目。

【育児日記】退院後の1か月健診までの試練の1か月。

そうたを出産し、無事退院後、お家での生活が始まりました。退院後1か月のスケジュールそうたは入院時の新生児黄疸の経過観察のため退院後1週目に母乳外来を受診。通っていたクリニックは2週間健診、その後、1か月健診があり、その間に3週間後には、自宅に行政の助産…

2か月目はお宮参りから始まり、初めて私の実家に里帰り。

この頃の事はあまり覚えていない・・・。

ただ1時間おきの授乳で、そうたがやたら大きくなった事は確か。

スポンサードリンク

3か月でおきた変化

  • 首が座り始める

新生児の頃は全身がふにゃふにゃで今にも壊れそうだったのが

3か月に入った頃から、首を自分で保持できるようになりました。

首に手を添えなくても大丈夫になってきたので、横抱っこから立て抱っこができる様になりました

首は最初はぐらつきながらも、少しずつぐらつく事は減りました。

最初は首を立たせようと一生懸命なとこがまたかわいい。
膝で支えがあれば、お座りができるように。

4か月を過ぎた今は完全に首が座りました。

  • 授乳間隔が少しずつ空く

昼間1時間おきの授乳は落ち着いてきました。

けれど1日授乳12回程でちょっと疲れ気味。

市の3か月健診で相談をしました。

哺乳瓶をあまり好まなくなった、そうたにほぼ完全母乳でした。

 

助産師さん
ぐずったり、泣いたりしたらすぐに授乳するのではなく、おんぶをしてあげてみたらどうかしら?寝る時間が長くなっているという事は、胃がしっかり成長している証。
寂しいから触れていたいだけの時はおんぶって効果的ですよ。一人で遊ぶし、肩越しに見える世界が広がります。

こうやって子育てのプロにお話しができるって本当ありがたい。

今おんぶ紐を早急に検討中です。

  • 夜寝る時間が長くなった

前記に書いたように、夜6時間くらい寝てくれることが増えてきました。

昼間はしっかり起きて、夜寝るというペースができてきました。

  • グーを見つめる

赤ちゃんは最初みんなひとつという世界で生きている。

自分と他者とか、自分に手があったり足がある事も知らないようで。

3か月の頃はよく、自分のグーを見つめていました。


4か月になった今はそれが減ってきた。

グーから自分のつかめるものをつかむ様に。特にコードとか。

リンゴの電話の充電ケーブルが素敵なおもちゃ。

  • 笑顔が増える

笑ってくれる事が増えました。

笑ってくれるだけで、あぁよかったなー。っていろいろ吹っ飛びます。

まとめ

3か月になって表情が増えて、顔をしっかり見てくれるようになりました。

新生児期よりも少しずつコミュニケーションを取れるようになってきました。

泣き方で何を要求しているのか?が分かる様になった事で、少しずつ私にも余裕が出てきました。

まだしゃべれないので、お互い感じ取るコミュニケーション。

まだわからない事もあるけど、笑ってくれたらもういろいろ吹っ飛ぶ。

赤ちゃんって本当すごい。

いるだけでいいんだって体で表現してくれている毎日です。

The following two tabs change content below.
福本 愛

福本 愛

薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。 自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。 2017年8月に男の子を出産。 好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。 女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。 大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん 2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。

スポンサードリンク