夫婦

優しいパートナーシップ。パートナーにお願いをする時に大切なこと。

優しいパートナーシップ。パートナーにお願いをする時に大切なこと。

パートナーに頼む時に大切にすること

スポンサードリンク

自分がやりたい事を1番に伝える。

けいたくんとそうたが散歩に出かける前のやりとり。

あい
2人で散歩でも行って来たら?
けいた
なんで?あいちゃんは行かないの?
あい
私は寝たいの。
けいた
じゃあ、添い乳(添い寝しながら授乳する方法)で寝ればいいじゃん。

違う・・・。私がしたいのはその昼寝ではない。

あい
1人でグッスリと寝たい。だから、そうたを連れて行ってほしい。
けいた
どうして最初からそれを言わないの?遠回しな頼み方するの?

なんでだろう。

私は「1人で寝たい。」と言ったらけいたくんに悪い。責められそう。

けいたくんがそうたの世話をしなくてはいけない。

けいたくんも疲れているのに、迷惑をかけてしまう。

無責任な母親じゃないか。私。

出てきた、出てきた。嫌われたくない、迷惑かけたくない、罪悪感。

あい
1人で寝ると言ったら、けいたくんに悪いと思って・・・。
けいた
素直にやりたい事を言ったらいいじゃない。それでいいじゃん。

なんだー。寝たい。と言ってよかったんだ。

気持ちいいはずのお昼寝から起きた時、私がよく感じていた事。

また寝てしまった・・・。

仕事とか、勉強とか、家事とか、やるべきこともしないで・・・。

寝る事に対する罪悪感

寝る事=悪い事

はぁ、なんて自分責めが大好きなんでしょう。

いいじゃん、疲れたんだから寝たって。

誰も責めてない。私の事。

結局責めていたのは私だけだったんだ。

昨日のお昼寝は本当に気持ちよかったなぁ。

今回のパートナーシップ

相手に気を使ってと、オブラートに包んで、こじらせて。

なんでやってくれないの?!なんて、プンスカ怒る前に、

勇気を出して自分のやりたい事を伝えてみる大切さ。

率直に、素直に、まっすぐに自分のやりたい事を伝えていこう。

そしたら、お互いに優しいパートナーシップを育てていける。

読んでくれてありがとうございました。

The following two tabs change content below.
福本 愛

福本 愛

薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。 自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。 2017年8月に男の子を出産。 好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。 女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。 大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん 2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。

スポンサードリンク