子育て

赤ちゃんのセレモニードレスが33年ぶりの復活!

赤ちゃんのセレモニードレスが33年ぶりの復活!

そうたの退院時に一着のセレモニードレスを着せました。

実はそのセレモニードレス、33年ぶりに復活しました。

スポンサードリンク

産前時の準備

あいちゃんの健診時にクリニックで度々退院する赤ちゃんを見てきました。

セレモニードレスを着ていたり、着てなかったりとそれぞれだったけど、あいちゃんと相談してセレモニードレスは準備しようということにしました。

その話を母親にしたところ、驚きの一言が返ってきたのです。

「けいたとゆうた(弟)のセレモニードレスがあったはず。」

さっそくタンスの中を探してみると、タンスの奥から白のセレモニードレスが出てきました。(ちなみに弟のはブルーのセレモニードレス)

あいちゃんと二人で「すごーい!」と大興奮!

襟もとに多少の黄ばみはあるものの、目立ったほつれはなかったので、即決でこのセレモニードレスを退院時に着せることに決めました。

▼33年前の写真(たぶんお宮参りに行く前)
セレモニードレス②

退院当日

退院時の説明の前にセレモニードレスに着替えてスタンバイ。

▼ギャン泣き
セレモニードレス③

クリーニングに出しても黄ばみは取れなかったけど、自分と同じセレモニードレスを着てるのを見られることができてうれしく思いました。

まとめ

まさか自分の着たセレモニードレスがまだあるとは思っていませんでした。

親の愛情、すごさを感じました。

また、着てもらえるかは別としても、自分の孫の時まで維持してみたい。

どんなストーリーになるのか楽しみです。

次に着るのはお宮参り!大切に着ていこう!

The following two tabs change content below.
福本 佳大

福本 佳大

12年間の公務員生活を終えました。今は生きること、働くことを夫婦で実践していて、カウンセラーを目指し勉強中です。26歳の時にハワイへ一人旅し、ハワイが大好きになり、それから毎年通うほど。日本とハワイの二拠点生活を模索中です。趣味は妻。他には読書、音楽、旅行、ランニング、海、カフェ、写真などがあり、毎日の生活を自分も周りも笑顔で溢れる世界にしたいと思っています。

スポンサードリンク