カウンセリング

ビリーフリセット・カウンセリング講座プロコース修了!今、思うこと!

ビリーフリセット・カウンセリング講座プロコース修了!今、思うこと!

昨日、ビリーフリセット・カウンセリング講座プロコースを修了しました。

2016年1月から始まった大塚彩子さん主催のビリーフリセット・カウンセリング講座とプロコース講座。

徹底的に自分と向き合うことができた時間になりました。

スポンサードリンク

ここまでの歩み

ビリーフリセットとの歩みはもう1年遡り2015年から。

ビリーフリセット初級講座→ビリーフリセット中級講座→ビリーフリセット・カウンセリング講座→ビリーフリセット・カウンセリング講座プロコースという2年間で進んできました。

振り返ればあっという間だけれど、この2年間は自分の本来の力を取り戻すためにコツコツと自分の過去を振り返り、一つひとつ見てきました。

2つのテーマ

振り返って出てきた大きなテーマは2つ。

一つはできない無力な自分。

もう一つは家族の修復。

できない無力な自分

父親はとにかく怖かった。

いつも怒らせないように、機嫌が悪くないか顔色を伺っていた。

母親は仕事、家事、育児に忙しくしていた。

だから困らせないようにと思っていた。

一人でできるようにしなきゃ。

しっかりしなきゃ。

弱音を吐いて泣いちゃいけない。

できないと思われないようにしよう。

頑張れば嫌われない。見捨てられない。

でもできないことがあると、やっぱり自分はダメなんだと思ってた。

この過去と向き合ってわかったことは、

  • 両親は僕のことを嫌っていなかった。
  • 精一杯育ててくれていた。
  • 愛してくれていた。
  • 自分には力がある。

家族の修復

13年ぶりの実家生活から気づいた家族のカタチ!

実家に帰ってきて1ヶ月ちょっとが経ちました。日々生活している中で、以前と比べると家族の仲が変わったなあと思うことがありました。そんなことを書いてみたいと思います。以前の家族幼少期の頃から遡ると、まず父親が怖かった。いつも機嫌が悪いような気がしていて…

↑こちらの記事にも書いたけれど、会話がなかった家族。

両親に愛してもらっていることがわかって、さらに実家に帰ってきて過ごす時間も多くなり家族の会話が増えている。

さらに家族で自分たちらしいカタチを探していこうと思っている。

これから

今までは親や周りを気にしながら、自分を抑えて生きてきた。

でもこれからは自分の人生を歩んでいく。

昨日教えていただいた心屋仁之助さんの言葉。

仕事とは自分を表現すること。

心屋仁之助『■仕事とは』

「仕事」とは、自分が伝えたい(表現したい)ものを伝えたい方法(ツール)で伝えたいように伝えること。そう、仕事とは「労働」ではなく「表現」なのです。…だから…

自分も周りもそれぞれ一人ひとりが持っている素敵な力を一緒に探していく活動をしていきたい。

The following two tabs change content below.
福本 佳大

福本 佳大

12年間の公務員生活を終えました。今は生きること、働くことを夫婦で実践していて、カウンセラーを目指し勉強中です。26歳の時にハワイへ一人旅し、ハワイが大好きになり、それから毎年通うほど。日本とハワイの二拠点生活を模索中です。趣味は妻。他には読書、音楽、旅行、ランニング、海、カフェ、写真などがあり、毎日の生活を自分も周りも笑顔で溢れる世界にしたいと思っています。

スポンサードリンク