思ったこと

引っ越しは自分のコンフォートゾーンを超えるのに最適!自分の選択肢をどんどん増やしていこう。

引っ越しは自分のコンフォートゾーンを超えるのに最適!自分の選択肢をどんどん増やしていこう。

都内に行ってちょっとした違和感を感じた日曜日。

2週間ぶりに都内に行ってきました!素敵ホテルにてランチと読書会に参加してきました!!

2週間ぶりに都内に行きました。つい最近まで住んでいたはずなのに。人が多い!電車混んでるー!空気が違う!本日の目的は読書会参加&お手伝い。大好きな先輩ファシリテーター、酒井美佐さんがピンク社長こと多田多延子さんと行う読書会。「キセキのヒロシマ」を…

でも、その翌日、虫の大群を見つけてしまい・・・。それを引きずって、1日元気が出ない日。

そして、洗濯を畳んでいたら、虫・・・。

1匹は叫んで、ポイ!!けいたくんにパス。2匹目は対処できそうな子だったので、ティッシュを使ってお外にポイ!。

少しずつ、強くなろうと思います。

海近生活を楽しむ自分の適応能力の高さにびっくりしていたけれど、

やっぱりまだ緊張はたくさんあって。少しずつ、慣れていきたいと思います。

スポンサードリンク

コンフォートゾーン

自分にとって居心地の良い場所をコンフォートゾーンといいます。

今回の引っ越しで私のコンフォートゾーンは大きく広がりました。

以前の私にとって、都内には友達もいるし、すぐに遊びに行けるし、もう30年近く住んでるし。

心地のよいコンフォートゾーンでした。

だから、海のそばで暮らす事に最初は全然気乗りしていませんでした。

けいたくんの海近生活への作戦は着実に進み、

海のそばに友達を増やしたり、やたら海に遊びに行ったり。だんだんと行けるかも!に代わってきました。

結局いろいろあって、友達がいない海の街に引っ越す事になったけど。

しみじみ海の空気を感じながら、今回の引っ越しでコンフォートゾーンが広がったなと実感。

友達近くにいなくても、電車に乗れば会えるし、FBだってあるし、LINEだってある。

コンビニに車でしか行けなくても、あるもので何とかできる事もある。自分に必要なものに気づく。

大好きなカフェがなくても、海があるし。

今回の引っ越しがコンフォートゾーンを広げるきっかけになりました。

私の選択は1人暮らしの時は、職場の近く。2人暮らしを始めた時は職場の近く、そして友達の家の近く。

住む形態は大きく変わったけれど、場所の変化はそこまでありませんでした。

自分を試してみる

家賃を今までよりちょっとグレードアップさせて快適な部屋に住んでみる。

今までとは違う地域に住む事で、知らない場所を知れたり、出会いがあったり。

少し不安もあるけれど自分に心地良いと思っていた場所に違和感を感じたるなら、離れてみると新たな発見はいっぱいあります。

選択肢が増える

コンフォートゾーンを超えると何がいいのか。

選択肢が増える。

私はこれが一番重要だと思います。

都内でも暮らせるし、海のそばでも暮らせる私。

近くに友達がいても、いなくても。カフェがあってもなくても大丈夫な私。

そして魚がこんなにおいしくて、海ってそこにあるだけでなんだか癒されるんだなぁって気が付いた。

そんな新たな私に今回気がつく事ができた。

これは引っ越しだけでなくても、いろんな事に言えると思います。

仕事、パートナー、自分の好きなもの。

これは絶対なくてはならない!!って思っていたものって、ただの執着かもしれない。

そう思うととっても身軽にもなれます。

ちょっと変えてみたいな。って思った時、コンフォートゾーンを超えてみる事、お勧めです。

The following two tabs change content below.
福本 愛

福本 愛

薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。 自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。 2017年8月に男の子を出産。 好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。 女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。 大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん 2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。

スポンサードリンク