三重

伊勢の神宮参拝をガイドさんと一緒に。旅先で実践!旅行で体験と学びを得る。

伊勢の神宮参拝をガイドさんと一緒に。旅先で実践!旅行で体験と学びを得る。

今日、神宮を参拝してきました。

伊勢神宮は正しい表現ではなく、正しくは伊勢の神宮だとガイドさんより教わりました。

前もって調べたのは行き方と参拝順は外宮→内宮だということ。

名古屋から伊勢市への電車の中でホームページを読み漁る。

コースだけとりあえず確認して、いざ外宮へ!と思っていたら、この看板。

無料ガイド案内

以前この本で読んだ!お金持ちは旅行で勉強と体験をする。これだ!

無料ガイドをお願いしたいのですが・・・

「次の予約まで時間あるから1時間ならできますよ。それでもよければ。」

ぜひお願いします!たまたまいらっしゃったボランティアガイドさんにお願いできました!

お時間のご希望、御朱印もらいたいとかあれば最初に要望を教えてください。とのことで、

御朱印いただきたいです!と希望を伝えました。

スポンサードリンク

早速、外宮へ!

入り口の前からたくさんお話しをしてくれました。

神様と人間は似ている。神様もお腹がすくのだそうです。

神様は2回ご飯を食べる。

天照大神のご飯を作るために外宮に豊受大神(とようけのおおかみ)を呼んだ。

日本と世界の神様の違いについて。

式年遷宮について。

この神宮は神様のトップがいる所で、ここから地方に散らばっていった。

ここは本社で他の神宮、神社は支社みたいなもの。人間の会社と一緒でしょ?

わかりやすいように説明をしていただきました。ずーっとほー。ほー。へー。の繰り返し。

教えてもらったこと、1つおすそ分け

外宮はどうして、左側通行なのか。内宮はどうして右側通行なのか。と決まっています。

それはなぜか?

外宮は入って右側に正宮があります。

偉い人には一歩下がって着いて行く。風習に基づき、神様から一歩下がった立ち位置になる様に左側通行に。

内宮は、その逆で、入って左側に正宮があるので、右側通行になっています。

これだけでも、うわー!すごーい!ほんとだー!と自分で言うのもなんですが、私達、良いリアクションをしていたと思います。

外宮と内宮の関係性について。

これを説明すると2時間半くらいの講演ができるそうです。

だから今日はヒントだけね。とヒントはたくさんいただきました。

でも、えーなんでー?どうしてー?と質問したくなる内容ばかりでした。

これ、宿題だからね!とチャーミングなガイドさんでしたー!

結局、1時間20分話していただき、ただ2人で参拝するとは違う充実な学びの時間でした。

よかったら観光の際はお願いすると、学びが深まります!

関連情報

予約はこちらのホームページよりお申し込みができます。

伊勢観光協会ホームページはこちら

「お申し込み・ご質問 きく」 からガイド予約のページに飛べます。

外宮→内宮となると交通費1000円が費用としてお昼時ですと昼食代がかかります。

私たちはたまたま飛び込みでラッキーだったのですが、予約してくれた方が話したいことを話せるので是非!

ガイドさん、「もっと話したいことはたくさんあるんだよ。今度は是非予約してきてください。」と言ってました。

参拝の時に参考にしたサイト

伊勢神宮のホームページはこちら

いま行く! 伊勢神宮 お参りパーフェクトブック最新版 ([テキスト])
辰宮太一
株式会社みらい出版
売り上げランキング: 88,171
いま行く!伊勢神宮お参りパーフェクトブック(みらい出版) (聖地のひみつ 1)
辰宮太一
みらい出版
売り上げランキング: 43,708

読書会開催情報はこちら

7月16日(土)私が私を大好きになる読書会 (2度目の週末開催です。よかったら遊びにきてください。)

7月30日(土)ハワイを感じる読書会 Vol.2(2度目の開催です。よかったら遊びにきてください。)

Read For ActionのHPからも申し込みが可能です。

Read For ActionのHPはこちら

今日も読んでくれてありがとうございました。

The following two tabs change content below.
福本 愛

福本 愛

薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。 自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。 2017年8月に男の子を出産。 好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。 女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。 大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん 2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。

スポンサードリンク