お仕事のこと

起きる事は全て必然でベストな事。その場をどう生かすかは自分次第。セッション練習しよう!

起きる事は全て必然でベストな事。その場をどう生かすかは自分次第。セッション練習しよう!

今日は読書会予定日でしたが、残念ながら参加者がゼロということで、

けいたくんのセッション(カウンセリング)の練習をしよう!

スポンサードリンク

自分にはできない。

最近、心の中で思っていたこと、「自分にはできない。」

平日に読書会開催しても人に来てもらえない。(→企画を立てる時に言ったらほんとになっちゃった!)

私はキレイになれない。

私はお金を稼ぐことができない。

私に会いたいと思ってくれる人なんていない。

私には何もできない。

私はどうしていいかわからない。

口癖の様にこんな言葉を言っていました。思っていました。

けいたくんより、同じようなビリーフを抱えている気がする。と詳しくはこちら→無力ビリーフについて。

両親との関係から自分のビリーフを探す。

「親に何かできなかった時に怒られたりしたことある?」

できなかった時にぱっと思い出されたのが、採点されたテストを持った私。

大体、平均点以上はとれるけれどトップにはなれなかった。

そんな私に、父は俺は勉強のことはわからないから。

母は○○ちゃん(トップの子)は何点取っているんでしょ?あなたは今回このぐらいなのね。

とこんな様な事を言われたていた。

当時に家族を思い出す。

ここで写真(アイキャッチ画像)の、椅子の配置を私が決めました。

当時(幼少期)の私から見た家族の配置。

父がいつもテレビの近くでテレビを見ている、寝ている。(一番手前の椅子)

母がキッチンから私に話しかける(キッチン側の椅子)

私(真ん中の椅子)が答案用紙をもってむかう実家のリビングのイメージでした。

それぞれの椅子に座って感じることを口にしてみる。

「お父さんはどう?」

家族の楽しみが第一、でも勉強のことになるとわからないの一点張り。

「お父さんに言ってほしかったことは?」

よくできたね。それでいいよ。

そして父の場所に座り、「どんなこと感じる?」

家族が楽しめるように、自分が仕事を頑張らなくちゃ。

(私に対しては)何も気づいていない。わからない。でも家族が楽しんでくれればそれでいい。

「お母さんはどう?」

応援してくれている。でも認めてもらえてはくれない。

(母は)人に迷惑かけてはいけないとずっと言っていた。私よりも他の子を見ている印象。

自分の事認めてられなさそう。だから私の事も認められないみたい。

「そんなお母さんに何を言ってほしかった?」

よくできたね。それでいいよ。

もう一度、私の椅子に戻ります。

「お父さん、家族楽しませたかった、勉強についてはわからない、そんなお父さんに言いたい事ある?」

知ろうとすればいい、あなたの楽しいと、私の楽しいは違います。

「お母さん、愛ちゃんの事、認めたい。でも認め方がわからない。そんなお母さんに言いたい事ある?」

どうしてわからないんだろう。でももう子供じゃないから大丈夫。

まとめ

このあたりで、けいたくんに「今どう思う?何を感じる?」と聞かれました。

私はもう無理。やりたくない。とはっきりと言いました。

実はこの手法、私苦手で・・・。というのは表のいいわけかも。

本当は見たくない、「認められたかった」という気持ちを見たくないんだろう。とも思います。

そこには恥ずかしい、悔しい、寂しいとかそういう思いも同居しているので、つらかったのかと。

2度、けいたくんのお師匠のセッションを受けましたが、毎回緊張してました。

とにかくこの作業は玉ねぎの皮をむいていく様に、少しずつ少しずつ剥がしていくような感じです。

心って本当に深い。

さて長くなってしまったので、セッション内容までで一旦まとめます。

セッションを通じて私は何を感じ、どう行動していくのか。続きます。

関連情報

今日も読んでくれてありがとうございました。

The following two tabs change content below.
福本 愛

福本 愛

薬剤師として7年間病院で働き、心と体の本当の健康って何だろう?という疑問を持ち、退職しました。 自分を責め続けてばかりいた私が、「自分を大切に」をモットーにしたら、世界は優しくなりました。 2017年8月に男の子を出産。 好きなことは本を読むこと、好きな人とおしゃべりすること、好きな音楽にノリノリになること。 女性が笑顔になれば、日本が地球がハッピーになると思っています。 大好きな旦那、けいたくんと、大好きな息子、そうたくん 2人の男子と共に人生を楽しむ日々です。

スポンサードリンク